TSUBAKI

ちょうどこの記事を書こうと投稿ページを開いたとき、
SMAPの曲の資生堂のTSUBAKIのCMがTVから
流れてきたので、今日のブログはこのタイトルです。

「木」へんに「春」で「椿」。サザンカ(やユキツバキ)の
イメージが強いので、ツバキというと冬のイメージが
強いのですが、いわゆる椿(ヤブツバキ)は、春になって
見頃になるものが多いのです。

このブログではこれまでツバキをほとんどのせて
こなかったので、ツバキだけで記事を書くのは
おそらくこれが初めてかも。

ヤブツバキにもいろんな品種があります。

こちらはタマイカリ。やや赤より淡いピンク色。
肥後のツバキです。

こちらは、タマノウラ。

白のふちどりが入る、とてもきれいなツバキ。
長崎の五島列島で発見されたものだそうです。

この他にも…。

緋色のエイラク、白くてシンプルなハツカリ、
八重咲きのケンキョウ、お椀のように花が広がる
ハクロニシキ…まだまだいろいろありそうです。

広告

12件のコメント

  1. おはようございます。
    なるほど~ 春の木なのですね。
    おっしゃる通り冬の花のイメージでした…
    椿の赤が好きです!
    さざんかと椿の違いが良く分からなかったのですが簡単に言うと
    花の落ち方の違いだそうですね。
    椿は花ごと落ちるのに対して、さざんかは花びらが落ちるとか…
    これほど多種多様の椿があるとは知りませんでした。
    楽しませて頂き有難うございました!

    いいね

    • ツバキの赤は、他の植物の赤とは違う真紅なのですよね。いわれてみると、たしかに花の遠方が違いますね。ナツツバキも花ごと落ちます。ツバキも様々に品種改良されて、いろんな種類があるようです。

      いいね

  2. おはようございます。
    ツバキもいろいろあってまったくと言っていいほど種類が
    わからないです(笑)
    普通の赤と白のはよく見かけますけどこうして
    並んでいると、違いがよ~~くわかりますね☆(ゝω・)v
    ケンキョウなんて見たことあるかな~(*´Д`)

    ハクロニシキが霜降り和牛みたいで面白い色してますね~(*´σー`)

    いいね

    • おいらも品種名のプレートがなければさっぱるわからなかったです。一番上のものがいわゆる(ヤブ)のツバキで、他はそこから(?)品種改良されたものかもしれません。霜降り和牛…ハクロニシキも食べられるとよいんですけどね(^^)

      いいね

  3. 椿もいろんな種類があって、楽しいですよね。
    やっぱり冬の花というイメージでしたが、そうでもないらしいことを高岡在住中に知りました。確か(すでに記憶あいまいなのですが^^;)椿展も見に行ったと思います。
    沖縄もヤンバル発祥の椿とかあるみたいですヨ。
    そんなことから、今年は、大宜味村で椿展が開かれたみたいです。

    いいね

    • ツバキも日本各地いろんなところで見られる花ですよね。やんばるのツバキがあるというのは初耳。沖縄だと真冬の時期に咲くのでしょうかね。大宜味村ののどかな風景の中に、ツバキはよくあいそうです。

      いいね

      • 私、沖縄と椿が結びつかなくて、「沖縄に椿ってあるんですか?」と、たまたま大宜味村出身の知人に聞いたら、「あるよ~!!! ヤンバル発祥のツバキもあるよ~!!! 今年は椿展するよ~!!!」って。それで、沖縄にもツバキが咲くことを知りました。^^;
        以後、気をつけていたら、結構、あるみたいなんですよネ。椿展が、たぶん2月頃だったと思います。(記憶違いだったらすみません。)その頃が真っ盛りなのかもしれませんね。

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中