落ち着いた山桜

先日、上野のさくらを紹介したときに写真を1枚
のせたのですが、今日は山桜の紹介です。

ヤマザクラといってもいろんな桜がありますが、
花と一緒に伸びてくる葉っぱがやや茶色っぽいのが
特徴のように思います。

こちらは、仙台屋。

高知の「仙台屋」というお店に咲いていた桜で、
そのような名前で呼ばれているそうです。

こちらは、弁殿。

やや丸みを帯びた白い桜です。淡いピンクがかった
もようが入っている花びらもありますね。

最後に、八重左近桜(ヤエノサコン)。

名前は「八重」なのに、一重の桜です。
弁殿とよく似てますね。京都御所の紫宸殿に
植えられた左近の桜が元となっているようです。

広告

10件のコメント

  1. おはようございます^^
    山桜、花びらがちょっと細いような感じですね~。
    仙台屋の名前の由来が面白いです^^
    あまりない種類だったのでしょうか?
    弁殿は、白い桜なんですね。このように桜は色までいろいろあるから
    面白い!
    八重左近桜、本当ですね!
    なんで八重ってなったんだろう~(笑)

    いいね

    • 山桜は小さめの桜が多いかもしれません。山桜にもいろんな種類がありますね。名前の由来が面白いものもちらほら…。仙台屋は、元は名前の通り東北にあった山桜のようではあります。

      いいね

  2. こんばんは!
    山桜も色々な品種があるのですね~
    こんなに種類をたくさん観たのは初めてです。
    色も薄めなのですね。
    元々は山桜を平地に植えたのがお花見の始まりでした。

    いいね

    • 探してみると、山桜にもいろんな種類があるものですね。色はここにのせたものが白っぽいものが多いだけで、実際はそうではないものもあります。昔の花見は山桜が中心だったんじゃないかと思いますよね。

      いいね

  3. こんばんは~

    トップのヤマザクラの花びらがハート型で可愛いです!
    葉と共に花が咲く桜の種も多いようですね~でも、どれも葉が邪魔をせず、花を美しく見せていますね。

    今日の強風で東京のソメイヨシノは風情無く散らされてしまいましたが、こんな時は時期の違う桜があって
    嬉しいですね!

    いいね

    • 最初の山桜はちょっと面白い花びらの形ですよね。もともとは葉っぱと一緒に華が咲く桜の方が多かったんじゃないかと思います。染井吉野も品種改良でできたものですしね。しかし今年の東京のさくらは短かったですね…。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中