福井の珍味など

今日は福井でいただいた珍味などの紹介です。

左上は、日本三大珍味のひとつで、福井の
特産品でもある、塩うに。うにに塩をふって
乾燥させたもので、口に含むとしょっぱいのですが、
磯の香りがひろがってきます。右上はかにみそ。
越前がにが食べられなかったので、みそだけでも…。
左下は白魚のからあげ、右下は山菜の天ぷら。
入っていた山菜は、菜の花、こごみ、ふきのとう、
たらの芽、行者にんにく、竹の子。白魚とともに、
北陸の春の旬ですね。

福井(若狭地方)といえば、さばが有名ですが、
さばに塩をふってぬか漬けにしたものを、
「へしこ」と呼びます。

写真は、へしこを炙ったもの。塩うにやかにみそと
ともに、日本酒が進むおつまみばかり(笑)
福井でも、地酒をいろいろといただいてきました。

つづいて、いしる焼き。

能登や金沢の記事で登場した登場したいしるに
大鯵をつけこんで焼いたものです。かなり味が
濃かったので、こちらもおつまみとして…。

最後はおまけ。おみやげ屋さんで売られていた、
ご当地カレー(?)、越前カレー伝説。

福井と関係ある歴史上の諸氏の名前が
見えますが、それぞれの具材や味と
どう結びついているのか…?は謎ですね。

広告

7件のコメント

  1. こんばんは~^^
    塩うに?なんだかとってもおいしそう~・・・・・。
    うわ!かにみそまで・・(涙)
    白魚のから揚げはしっとりとしているように見えます^^
    でも、山菜の天ぷらはちょっと以外でした(´∀`*)
    へしこ@@?
    乾き物なのでしょうか?これはおつまみになりそうですね~ヽ(´ー`)ノ
    いしる焼き、確かに味が濃そうです!
    御飯のお供にもいけますか?

    カレー伝説!!すごいっつ!
    小次郎のつばめ返しが気になります(`Д´)ゞ

    いいね

    • 塩うには、塩辛のように、むちゃくちゃお酒のおつまみって感じの味でした。へしこはぬか漬けですが、そのまま食べたりお茶漬けにして食べることもあるようです。いしる焼きはごはんにも合うでしょうね。越前カレー伝説、さっぱり訳がわかりませんでした(笑)

      いいね

  2. どれもおいしそうで、ホント、お酒がすすみそう。(*^_^*)
    レトルトカレー、本当にいろんなのがありますよネ~。
    どういうわけで、そういう名前になって、何が特徴なのか・・・とか、興味をもってしまいますネ。(^^)

    いいね

  3. おはようございます。
    水の綺麗な所はお米が美味しい→お酒が美味しいとなるので
    美味しいお酒にあうおつまみも豊富なのでしょうね!
    珍味という言葉に相応しいものばかりです。

    レトルトカレーはつい買ってしまいたくなるパッケージですね。
    最近のものはレトルトでも結構美味しいです。

    いいね

    • そうですね~。お酒がおいしいところは、自然とそのお酒にあったおつまみも豊富になるのでしょうね。塩うには、ほんと珍味という感じの味でした。このレトルトカレー、全く味の想像がつかなかったので買ってきませんでしたが、試しにひとつ買ってきてもよかったかな…。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中