加古川・高砂のB級グルメ

今日は、姫路の東隣り・高砂市と、さらにその東隣り・加古川市の
B級グルメの紹介です。

まずは、加古川から。加古川のB級グルメは、加古川かつめし。

デミグラスソースののったかつライスを、箸でいただきます。
先日紹介した岡山のデミカツ丼と、どんぶりに入ってないことを
除けば非常によく似てます。岡山がとんかつを使うのに対して、
加古川ではビーフかつを用いるのが違いでしょうか。なので、
加古川のかつめしの方が、より洋食っぽい感じが強いです。

これ以外に加古川ホルモン餃子というご当地グルメを
食べようと思っていたのですが、行こうと思っていたお店が
ちょうど訪れたときに警察沙汰になっていて、入れる雰囲気
ではなかったので断念。また次回行く機会があったときにでも…。

JR加古川駅近くのアーケード街に、かつめしの像が
たってました(左上)。左はかっつん、右がデミーちゃんと
いうことで、2人あわせてかつめしということでしょうか。
右上は加古川市のマンホール。市の花、ツツジが描かれてます。

左下は、高砂市のマンホール。高砂といえば相生の松が
有名で、海原から伸びる松が描かれてました。右下が
高砂市のB級グルメ、高砂にくてんです。具を混ぜてから
焼き上げる大阪風のお好み焼きに対して、「にくてん」は
うすくのばした生地の上に、具材ののせて焼きあげたものです。
なので、どちらかというと広島風の焼き方に近いのかな。
最後に2つ折りにしてでてきます。

にくてんを割ってみると…。

中からでてくるのは、じゃがいもと牛すじ。この2つの具材が、
高砂で食べられているにくてんの特徴です。もっちりとした
食感が独特なお好み焼きです。

そして、西播磨地域では、このようなメニューもあります。

うどんとそばを混ぜて一緒に焼いたものですが、チャンポン焼きと
呼ばれます。これは、珍しいですね…。姫路を中心とした播磨の
食文化、まだまだいろんなものがあるので、また訪れてみたいです。

広告

5件のコメント

  1. ひぇ~!美味しそうなものがズラリ!!
    特にお好み焼きに惹かれます。ソース味が好きなのかも…。
    兵庫にこんなグルメがあったのですね。

    ところでテンプレートの画像がねぶたのようですが。。
    まさか青森に行かれたとか?((((;゚Д゚))))

    いいね

    • 関西は、お好み焼きを中心としたこなもんのグルメが多いですね。今回食べられませんでしたが、姫路にはどろ焼きという、ちょっとゆるめのお好み焼きもあります。そうそう、ヘッダーの画像はねぶたです。果たして青森まで行ったのか…?(笑)、来週のブログで紹介する予定です。

      いいね

  2. こんばんは。
    加古川 近いんですけど カツメシ程度しか知らなかったです。
    高砂のマンホール これなんですね^^
    にくてん 食べてみたいです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中