世界らん展日本大賞2012(後編)

昨日に引き続き、世界らん展日本大賞のお話しです。
昨日は主にディスプレイ審査部門から紹介していきましたが、
今日は主にらんの花そのものに焦点をあてた、個別審査部門から
紹介していきます。

まずは、今年の大賞花から。

らんらしい紫の花がすごく密集してついたデンドロビューム。
個人の方が育てたらんということで、なかなか見事ですね。

その他にもいろいろ。

上側が同じ形の花が並んで咲くファレノプシス(胡蝶蘭)。
左下は存在感ある袋状の花がひとつだけつく、パフィオペデラム。
右下は、大きく優美な花が特徴のカトレアですね。

まだまだいろんならんがあります。

下側は、特別展示されていた、マレーシアのボルネオ島で咲く「青い蘭」。
とくに右下のゴクシンギーは日本初公開とのことでした。
この小さくて貴重な(希少な)蘭を見るために45分も並んだ…。

そして、おまけ。沖縄美ら海水族館とのコラボレーションもありました。

らんのバックに熱帯魚が泳ぐ姿は、とっても非日常的です。
さらにドームの天井が後ろに写ってるし…。ちょうど大きな
魚が真正面に来て不思議そうにおいらを眺めていたところですが、
きっと魚たちもこの風景にとまどってることでしょうね…。


さて、今日で東日本大震災から1年。
震災前と比べて、東京でも地震の回数が明らかに増えていて、
まだ影響が残っている感じがします。日本列島では、いつどこで
大きな地震が起きてもおかしくない状況であることに変わりはないので、
そのときへの備えは万全にしておきたいものです。

広告

2件のコメント

  1. こんにちは。
    花の間におさかなさんが顔出ししてるのに驚きです(笑)
    今日新装開店のお店の胡蝶蘭が風に飛ばされて倒れてました。
    倒れて良いんかい?なんて思いながら車の中から眺めてました。
    高い花ってイメージがあるんですよね。
    45分並んでも見る価値ありでしょうね^^

    いいね

    • この大きな魚と目があってしまい(?)、ちょっとしたにらめっこになりました(笑) しかし、新装開店の蘭の飾りが倒れてしまうとは相当縁起が悪いですね…。このお店がつぶれないことを願わんばかりですが…。ボルネオの蘭も、貴重なものを見ることができました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中