満開の生田緑地ばら苑

先日、鎌倉文学館大船植物園神代植物公園のバラを紹介しましたが、
今年はどこのバラ園もバラの花のつき方がよく見応えがあったので、
先週末も満開のバラ園を訪れていました。今日から数日、その紹介になります。

まず今日は、川崎市多摩区にある生田緑地ばら苑です。
その昔は向ヶ丘遊園という遊園地の中にあったのですが、遊園地は2002年で
閉園してしまいました。しかしその後も、ばら苑だけはボランティアによって
育成され続け、今は春と秋の花のシーズン半月ずつだけ開園しています。

このバラ園は初めて訪れたのですが、なかなかきれい。
大船植物園よりも規模も大きく、530品種4700株のバラが咲いていました。

こちらは、ルーピングというつるバラ。

春はつるバラがきれいに咲きます。(逆に秋はつるバラはほとんど咲きません。)
よく晴れた青空の下、朱色の鮮やかな色がはえるバラでした。

その他、きれいに咲いていたバラを。

左上は、ルーシー クラムフォンといういかにバラらしい真っ赤なバラ。
右上は、サンダンスという珍しいオレンジ色のバラ。
左下は、香りの良いイングリッシュローズのチャールズ ダーウィン。
右下は、こちらも香りの良いハマナス。去年7月に訪れた稚内では、
至るところで自生して咲いていたのを思い出しました。


左上は、高貴な感じがただよう、ガーデン オブ ローゼス。
右上は、形のきれいな青バラ、トワイス インナ ブルームーン。
左下は、グラデーションが美しいノスタルジー。
右下は、青バラで香りのよいブルーバユー。
最後に、おまけのドラえもん(笑) 藤子・F・不二雄先生が、
長年この地に住んでいたことにちなんで、旧・向ヶ丘遊園近辺では
道端でも先生の生み出したキャラクターがおどってます(笑)

広告

2件のコメント

  1. おはようございます!
    えっ?向が丘遊園って閉園になっていたのですか!?
    全く知りませんでした…。
    でも、その後をこうして保存しているのは嬉しいですね。
    今時期しか観られないバラですものね!
    甘い香りが漂ってきそうな見事な薔薇です。

    ドラえもんのブロンズ像も可愛い!
    目の部分が光っているのでよく触られているのでしょうね。

    いいね

    • 向ヶ丘遊園が閉園になったのはもう10年も前のことですね。電車の駅名なんかは、今でもそのままですけど…。でもばら苑だけでも、こうして残ってよかったと思います。近くに、藤子・F・不二雄ミュージアムもあるのですが、定員予約制なので、ちょっと行きづらいんです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中