7月に咲く百合など

今日は百合の花の紹介などを中心に。

まずは、園芸品種としてもっともポピュラーじゃないかと思われるカサブランカから。

大輪の白い花と甘い香りが特徴です。

こちらは、オニユリ。

こちらは野生種ですが、下向きに花をつけます。
ビビッドなオレンジ色と花びらにある黒い斑点が目をひきます。

左上はハイブリッド系のコンカドール。右上はヤブカンゾウで、
花は一日しかもちませんが、次々と同じ株から花がひらきます。

ここからは百合ではないのですが、左下は白いバラ…ではなく、
八重のクチナシ。見事にバラのように咲いているのがあったのでパチリ。
クチナシも香りが強い花ですね。右下は、アーティチョーク。
つぼみは食用になりますが、お化けみたいにでかいアザミの花がつきます。

最後は、ネムノキの花を。

毛が集まったような、かわいらしい花をつけます。
明日も最近の花々の話しなどをもうちょっと続けます。

広告

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中