天望回廊と天望デッキ

昨日東京スカイツリーの地上450メートル(天望回廊)からの景色を
紹介しましたが、スカイツリーには展望台が2つあります。もうひとつは
地上350メートルの展望デッキ。見える景色がどのくらい違うのか?
というころでほぼ同じ方角で2ヶ所から撮ってみました。

まずは、天望回廊(450メートル)から西側の景色。
20130207_1
富士山が中央奥に小さく見えていますが、昨日紹介したものより
広角です。左右を横切って斜めに流れているのが隅田川。
左奥が丸の内の高層ビル群、中央奥が新宿副都心でその手前が
秋葉原、左中ほどが両国、右中ほどが上野の森、右下が浅草ですね。

つづいて、天望デッキ(350メートル)から。
若干見える幅が変わりますが、見える景色自体にはそれほど
大きな違いはないのかな…?という印象を、おいらは受けました。
ちなみに、天望回廊(450メートル)に登るためには、天望デッキ
(350メートル)にて、さらに1000円支払う必要があります。
20130207_2
スカイツリーからの景色に一番近いなぁと思ったのが、
羽田空港から北海道など北の方にとびたつときに離陸後
すぐに眺めることができる景色。ちょうどこんな感じの東京が
見えるんですよね。

浅草を少し拡大してみました(上側)。左はアサヒビル本社、
そしてスカイツリーの撮影ポイントとして使っていた駒形橋。
右は浅草寺です。
20130207_3
左下は羽田空港。離発着する航空機の様子を横から見られるので
結構面白かったです。右下は筑波山。ちょっと霞んでいましたが、
全貌を把握することができました。

さて、最後はおまけ。上野東照宮で、冬ぼたんが見頃を迎えてます。
20130207_4
雪よけのこもをかぶった姿が印象的です。今年は雪がつもったので、
こもも役に立ったのかな。ぼたんの大輪の花はとても存在感があります。

広告

2件のコメント

  1. ぼたんは大輪がゆえに、こうして雪よけをしてあげないとダメになってしまいますからね。今年は、まだ雪が降りそうです。雪を被った牡丹も綺麗でしょうね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中