世界らん展日本大賞2013

今日は、昨日まで東京ドームで開催されていた、
世界らん展日本大賞2013のお話しです。

左が今年の大賞花「コバチー ’セカンド スマイル’」。
10年ほど前にペルーで発見された新種だそうです。
20130225_1
右上の優秀賞も、日本大賞と同じ方の作品。
右下は、ステージの三松きものファッションショーから。
4人の衣装は、花柄がすべて一緒の色違いですね。

今回目玉展示だったのが、南米・中米で見られる
ドラキュラ属のモンキー・オーキッド。
20130225_2
左がドラキュラ属バンパイア。コウモリに似ていることから
名付けられたそうです。右はドラキュラ属ベラ。
これらのらんを見るために、一時間並びました…。

そして、毎年登場する假屋崎省吾さんの作品、今年もありました。
20130225_3
あでやかな着物とらんのコラボレーションが鮮やかです。今年の
らん展のテーマ「都会の真中の楽園」を表現したものだそうです。

最後は、いろいろと。
20130225_4
とてもめずらしい(?)青い色のらん(左上)がありました。
その他ビビッドな色のらん(右上)もありました。下側はらんの
ディスプレイ展示。らんを使った様々な作品が見られました。

広告

4件のコメント

    • ここ4年ぐらい毎年行っているような気がします。ランの花もたくさん売られていました。そうそう、花屋さんって、本当にお花が好きな人がやる職業だと思いますね。次々に咲く花に囲まれた生活は、さぞかし充実してるでしょう…と思います。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中