世界らん展日本大賞2014

今日は、先週末まで東京ドームで開かれていた、
世界らん展日本大賞2014のお話しです。

今回の目玉の展示はコチョウラン、遺伝子組み換えで
青い花を咲かせたコチョウランが展示されていました。
20140302_1
自然界にこんな色の蘭があったら、さぞかしきれいで
しょうね。青い色が好きなおいらとしては、たまりません。
将来的な製品化に向けて、改良が進められているそうです。

左が、今年の日本大賞の大賞花。らんにしては花が小さい
ですが、きれいに咲きそろっていました。
20140302_2
そして、東京ドームいっぱいにひろがったらんの展示では、
さまざまな種類のらんと、いろんな形で見ることができます。
右下のらんの花は万華鏡のようになってます。

上は、清川あさみさんの作品「美女採集×蘭」。
20140302_3
下は、毎回恒例となっている假屋崎省吾さんに作品、
~蘭の世界~です。華麗ならんの着物とらんの生花の
競演です。

そして、ディスプレイ部門でも、さまざまならんを使った
作品を楽しむことができました。
20140302_4
一日中会場に見ていても、時間が足りないぐらいの
スケールのイベントなのがすごいところです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中