白とピンクの土肥桜

土肥のお話しの3日目、今日は見頃を迎えていた
土肥桜の紹介です。伊豆の中では、先日紹介した
あたみ桜、それに修善寺寒桜、河津桜と並んで、
早咲きの桜として知られています…が、他の桜に
比べると、まだまだ非常に知名度の低い桜です。

そんな土肥桜を見に行く…というのが、今回土肥を
訪れた、一番の目的でした。行くまで知らなかった
のですが、土肥桜と地元で呼ばれている桜には、
実は2種類あります。
20150214_1
一つ目がこの白い土肥桜。あたみ桜ととてもよく
似ています…というか、かなり近い品種???
なのでしょうね。下向きについた花が密集していて、
時期をずらしながら咲いていく寒桜らしい桜です。

白い土肥桜は、木によって咲き具合がバラバラで、
まだ咲き始めの木もあれば、満開の木もありました。
20150214_2
そして、もう1種類が、下側の濃いピンク色をした
土肥桜です。土肥に行くまでは、この桜だけが
土肥桜だと思っていました。右下は、ピンクの
土肥桜の原木です。この木を含めて、白い桜より、
ピンクの桜の方が若干咲くのが早いようです。

というわけで、ピンクの土肥桜は見頃を迎えている
木が多かったです。
20150214_3
とても鮮やかなピンクです!河津桜よりもピンクが
濃いイメージです。ソメイヨシノより少しだけ早く咲く
陽光という桜がとても濃いピンク色なのですが、その
陽光に近いピンク色をしているという印象を受けました。

最後も、満開を迎えていた、ピンクの土肥桜を。
20150214_4
明日も、土肥で咲いていた土肥桜の紹介を続けます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中