和田・抱湖園の元朝桜など

南房総のお話しの2日目、今日は和田にある
抱湖園(ほうこえん)のお話しです。5年ぶりの
訪問となりました。

まずは、抱湖園の見晴台からの景色です。
20150219_1
この日は雲ひとつない、良いお天気。
外房の真っ青な海を眺めながら、吹き抜ける
冷たい風を感じることができました。

そして、この時期の抱湖園は、桜が咲いてます。
20150219_2
旧暦の元日の朝に咲くことから元朝桜と呼ばれて
います。木によって、開花状況が違っていましたが、
5~8分咲きで、おおむね見頃になっていました。

元朝桜をアップで。
20150219_3
下向きに花をつけるカンザクラの一種です。
伊豆で咲いていたあたみ桜や土肥桜と比べると、
花の大きさがひとまわり小さいように感じました。

最後は、ナノハナ畑を。
20150219_4
房総の花卉栽培の先駆けとなったのが和田の
抱湖園のあたりです。今でも、この地域は、
花卉栽培が盛んに行なわれています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中