新宿御苑の桜景色(7)

今日は、4/4の新宿御苑の様子を紹介します。
3/29になった東京の桜は、その後も温かい日が
続いた影響で、数日で見頃を終え、4/3の強風で
花ふぶきとなりました、

染井吉野が終わると、一葉・関山に代表される
里桜(八重桜)のシーズンになるのですが、まだ一葉は
4分咲き、関山は咲き始めということで、染井吉野から
里桜に移る過渡期の苑内の様子になります。
20150501_1
この時期にきれいに咲いている花のひとつが
手前のハナカイドウです。その奥は、八重紅枝垂と
染井吉野です。八重紅枝垂は以前はもっときれいに
花をつけていたのですが、昨年の大雪の影響か、
少し残念な状態になってしまっています。

次に、4/4に見頃を迎えていた桜です。
5日前の3/31に見頃だった桜はすべて花ふぶきで、
すっかり見頃の桜が様変わりしていました。
20150501_2
左上は小汐山、右上が弁殿、左下が嵐山、
右下が長州緋桜です。

つづいて、「白」のつく品種を3つ、
左上が白雪、右上が太白、左下が白妙です。
20150501_3
白妙もそうですが、徐々に八重桜が咲いてくる
季節になります。右下はまだ若木だった御殿場桜です。

最後は、最初に紹介したハナカイドウとともに、
きれいに咲いていたボケの花です。
20150501_4
ボケの奥の白い桜が白妙、さらに奥が染井吉野です。
この後の里桜のシーズンは、新緑のシーズンとも重なり、
季節は次第に初夏へと移っていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中