和歌山ラーメン 食べ比べ

年末の和歌山のお話し、昨日に引き続き、
和歌山のグルメの紹介です。今日の話題は、
和歌山ラーメン(メニュー名は、中華そば)です。

4年前に訪れたときに、全国的にも有名な井出商店さんと、
もう一系統の有名店・丸高(○高)アロチさんで食べたので、
今回は違うお店で和歌山ラーメンをいただきました。

まずは、丸高アロチと同じ、ベースは豚骨ながら
比較的あっさりとした醤油ラーメンのお店から。
20150509_1
丸京(○京)さんの中華そば。とてもオーソドックスな
和歌山ラーメンです。紅白のかまぼこがのるのも
特徴です。

こちらは、元車庫前丸宮(○宮)さんの中華そば。
20150509_2
こちらの系統の元祖ともいわれているお店です。
見た目以上にっさりしたスープは、飽きの来ない味です。

次に、井出商店と同じ、醤油ベースの豚骨ラーメンの
お店です。こってりした味わいが特徴です。
20150509_3
山為食堂さんの中華そばです。とにかくスープが
濃厚でクリーミー。豚骨をかなり長時間見込んでいる
ようで、に崩れた豚骨が、粉末状になって沈んでました。

こちらは、正善さんの中華そば、生卵入りで注文です。
20150509_4
生卵を入れるラーメンということで、海をはさんで対峙する
徳島の中華そばと共通するものを感じました。

まだまだ食べたいお店がたくさんある、和歌山ラーメン。
おそらくまたラーメンを食べるための次回の訪問…が
あることでしょう、きっと(笑)

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中