指宿・池田湖と長崎鼻

ゴールデンウイークの鹿児島のお話し、今日からまた
薩摩半島のお話しに戻り、半島南部の紹介に移ります。

今日は、指宿市のお話しです。
まずは、池田湖から。火山活動によってできた
カルデラ湖で、周囲が15キロあり九州最大の湖です。
20150819_1
湖畔はお花畑になっていて、訪れたときは
マリーゴールドが咲いていました。春のナノハナ畑も
有名です。本当は池田湖の後ろに薩摩富士こと、開聞岳が
見えるはずだったですが、この日は悪天候で望めず。

池田湖には恐竜が生息しているという都市伝説が
あります。ネッシーならぬ、イッシーの巨像?が、
湖畔にありました。イッシーの目撃情報は、実は
右上の大うなぎだったのでは?という説もあるようです。
池田湖に生息する大うなぎは、大きいものは
体長2メートルもあるそうです。
20150819_2
左下は池田湖で飲んだ指宿サイダー。湖近くの
唐船峡の天然湧水を使ったサイダーです。右下は
指宿市のマンホール。市の花・ハイビスカスが
描かれていました。

後半は長崎鼻のはなしになりますが、マンホールにも
登場したハイビスカスが咲いていました。天候が悪く
観光地なのに商店も閉まっていたのですが、休業の
理由が「夫婦喧嘩」って…(爆)
20150819_3
薩摩半島最南端の長崎鼻には、浦島太郎にまつわる
龍宮伝説があり、龍宮神社がありました。

長崎鼻からの景観です。すぐ近くにある開聞岳すら
雲で山頂が見えずに残念なことに。かわりに別の日に
フェリーから眺めた開聞岳をのせておきます。
左右対称の稜線がとてもきれいな山です。
そして、左下が長崎鼻灯台です。
20150819_4
右下は、指宿観光では一番メジャーな砂蒸し風呂。
あたたかい砂に体をうずめて蒸されて、30分ほど
汗を流してきました。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中