屋久島・白谷雲水峡の大自然(後編)

昨日に引き続き、屋久島・白谷雲水峡の紹介です。
今日もまずは、威風堂々とした屋久杉から。
20150829_1
高さ24メートル、幹回り8メートルの奉行杉です。
荒々しい杉の木の表面が「奉行」と呼ぶにふさわしい
いでたちです。

途中、楠川沿いの道を歩くのですが、ここにも
絵になる光景がありました。
20150829_2
川にある石まで緑色に苔むしていました。
訪れる前に屋久島で想像していたのは
このような場所というイメージの景色です。

そして、苔むす森に向かいます。
20150829_3
なにやら森の妖精でも出てきそうな神秘的な
空間ですが、宮崎駿監督の「もののけ姫」の
原始の森のモデルになったのがこの場所です。

さらに少し急峻な登り道をのぼりきると、
急に視界がひらけて、巨大な花崗岩の一枚岩、
太鼓岩に到着しました。
20150829_4
太鼓岩からの眺めは絶景です!ここまで3時間
歩いてきてよかったと思わせてくれる景色です。
眼下にひろがる緑の屋久島の大自然、さらに
その奥に宮之浦岳をはじめとする屋久島の山々を
見渡せました。この時点で天気が良くて何よりでした。

明日とあさっては、別の日に訪れたもう一つの
人気コースのお話しです。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中