鹿児島「吾愛人」の郷土料理

今日から当面の間、3年前の夏の奄美群島のお話しに
なります。訪れたのは、奄美大島、沖永良部島、与論島の
3島です。このうち与論島に関しては、先月にも3年ぶりに
再訪したので、2回分あわせて記事にしたいと思います。

まず今日は、奄美群島に向かう中継地の鹿児島市内で
いただいた、薩摩の郷土料理の紹介です。先月も記事に
しましたが、3年前は「吾愛人」(わかな)さんでいただきました。
20150913_1
最初は、六白黒豚のとんかつです。
鹿児島といえば黒豚ということで、順当にチョイス。

その他黒豚は、黒酢あんかけのコロッケもいただきました。
右上は豚のあばら肉も甘く煮付けたとんこつ。
20150913_2
左下は地鶏の刺身、右下は定番のさつま揚げです。

左上は、きびなごの刺身。この丸い形で出てくることが
多いようです。右上はバイ貝の酢の物です。
20150913_3
左下はサツマイモの千切りをかき揚げにした郷土料理の
がねのお茶漬け。右下は、さつま汁です。薩摩は基本的に
どの料理も甘い味付け。最初は、甘すぎると感じていた
のですが、地元の芋焼酎とともに食べると、料理の甘さが
よく合うんですよね。

左は、3年前は銅像を見に行かなかった西郷さん(笑)
右上は、吾愛人も店を構える鹿児島の繁華街、
天文館の様子です。
20150913_4
鹿児島では夕食を食べただけで、翌朝日本エアコニューターの
プロペラ機で奄美大島に向かいました。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中