奄美まつりなどなど

今日で奄美大島のお話しは最終回。最後は
ここまで紹介できなかった話しをいろいろと。

まずは、おみやげの甘いものから。
左上は瀬戸内町・古仁屋の田原製菓さんの
黒糖かりんとう。行列ができ、早々に売り切れる
こともあるらしいのですが、特に問題なく購入
することができました。右上は「かさんもちざた」。
「かさん」は島北部の笠利で、黒糖商品です。
左下は、ミネラルウォーターのあまいろ(Amairo)。
住用の井戸水をくみあげた軟水です。
20151001_1
右下の花火は訪れた期間中に、名瀬で開催されていた、
奄美まつりからです。

泊まったビジネスホテルが名瀬港に面した場所にあり、
さらにたまたま部屋が高い階の角部屋で、港に面した
方向に窓があったため、特等席で名瀬港から
打ち上げられる花火を鑑賞することができました。
20151001_2
これだけきれいに花火の打ち上げが見られたのは
初めてかもしれません。奄美大島の夏の最大の
お祭りとあって、ずいぶん長い時間、花火の
打ち上げが続きました。

ステージでは、フラダンスなどが披露されて
いましたが、流れていたのはBEGINの曲でした(笑)
20151001_3
下は、早朝に名瀬新港を停泊中のフェリー。
このフェリーにおよそ6時間ゆられて、次の目的地・
沖永良部島に向かいました。しかし台風の後だったので、
気持ち悪くなるぐらい船が大きく揺れました・・・(汗)
明日の記事からは、沖永良部島のお話しにになります。

最後は昨日紹介した海の中以外の、これまで
紹介してきた奄美大島の景色などを動画で。


台風の暴風吹き荒れる笠利崎灯台から始まり、次は晴れている
けど風の強いあやまる岬の様子、さらには土盛海岸、内海で
静かな崎原ビーチ、太平洋と東シナ海が両方満られる屋入峠、
住用のマングローブ原生林、宇検村のアランガチの滝、そして
穏やかな大島海峡の海と続き、最後は今日の記事にも登場した
名瀬の奄美まつりの打ち上げ花火の様子です。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中