プロペラ機から沖縄本島周辺離島

沖縄本島のお話しに入ります。
まず今日から3日間は3年前に訪れたときのお話しを
中心に。その後、今年8月に訪れたときの話になります。

与論島から沖縄本島の那覇へは飛行機で30分ほどで
到着します。飛行距離が短かく、またプロペラ機でそれほど
高度もあがらないため、きれいな沖縄の海、そして島々を
眺めることができました。
20151114_1
手前に見えるまんまるの島は古宇利島です。
古宇利大橋の向かいに屋我地島が見えています
その奥は沖縄本島の名護のあたりです。

きれいな珊瑚礁の海で囲まれたこちらの島は
水納島(みんなじま)です。
20151114_2
クロワッサン・アイランドと呼ばれている島なのですが、
空から見ると、ほんとにクロワッサンの形に見えました。

右に見えているのが、瀬底島です。
20151114_3
瀬底島の対岸が本部半島で、奥に見えているのが
本島の名護から恩納村にかけてのエリアになります。
瀬底島は今年訪れたので、後日の記事で紹介します。

最後は、空港近くでグッと高度が下がって、
那覇の町並みを。この一枚だけ、今年のものです。
20151114_4
右下に豪華客船が停泊しています。その左側が、
本島周辺に離島への船便が発着する泊港、右奥が
那覇の中心部、左中央が新都心のおもろまちで、
ビル群の後ろに真っ赤な首里城も見えました。

広告

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中