那覇・国際通りのエイサーなど

3年前の沖縄の話しが続きます。このときは、奄美群島を
メインにしていて、与論島から東京に帰る際の飛行機の
乗り継ぎのためだけに那覇によったので、半日分のお話しに
なります。

まずは、牧志公設市場から。
20151115_1
戦後の闇市から発展してできた那覇の台所の市場ですが、
近年は観光スポット化しています。老朽化により建て替え
もしくは移転することが決まっていて、この独特なたたずまいも
そう遠くない将来に姿を消すことになってます。

国際通りでは、エイサーのお祭りをやっていました。
毎年8月第1週末の日曜に開催されるイベント、
一万人のエイサー踊り隊に日程が重なりました。
20151115_2
様々な団体が、かわるがわる国際通りの各会場で
演舞を披露していました。とにかく蒸し暑い日だった
のですが、打ち水などもやっていました。

一万人のエイサー踊り隊の様子を動画です。


創作エイサーの中城村の護差丸太鼓に続いて、
嘉手納町から西浜区青年会と南区青年会の演舞です。

最後はおまけで、おみやげで買ってきた黒糖を。
20151115_3
伊平屋島、粟国島、多良間島、小浜島、西表島、
波照間島、与那国島と7つの離島で作られた黒糖です。
食べ比べてみると、島によって、酸味・甘味・食感などが
まったく違っていて、驚きでした。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中