沖縄の世界遺産(3)

今夏の沖縄のお話し、世界文化遺産の「琉球王国の
グスク及び関連遺産群」の紹介は今日までです。
最後に紹介するのは、勝連城跡、座喜味城跡、
今帰仁城跡の3ヶ所です。

まずは、うるま市の太平洋に突き出た勝連半島に
ある、勝連城跡から。
20151119_1
中城城と同じく、3重の城壁に囲まれたグスクです。
急勾配の城の頂上まで登ると、眼下に海中道路や
近くの離島が一望できるのですが、この日は
悪天候で、ほとんど何も見えず。

次は東シナ海側、読谷村にある座喜味城跡です。
20151119_2
中城城や勝連城には及びませんが、城壁の上からは
青い海を望むことができます。かつては、象の檻と
呼ばれた、米軍の楚辺通信所がすぐ近くに見られました。

座喜味城は、城郭の曲線がとても美しいグスクです。
沖縄の城の中でも、ここが一番だと思います。
20151119_3
下は、島北部・本部半島は今帰仁村の今帰仁(なきじん)
城跡からの景色です。ここも天気が良ければ、青い海を
望む景色がとてもきれいなのですが…。

最後は、今帰仁城の城郭です。
20151119_4
ここは桜(寒緋桜)の名所になっていて、冬の1~2月に
かけて、濃いピンクの桜で彩られます。一度冬に訪れた
ことがありますが、また桜の時期にも来てみたいかな…。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中