沖縄本島の海の中

今夏の沖縄本島のお話し、今日は海の中の様子を
紹介します。3ヶ所の海を楽しんできました。

まずは、糸満市の大度海岸(大度浜海岸)から。
ジョン万次郎が上陸した地なのだそうです。
リーフが浜から50メートルぐらい続き、
さらにリーフ外の沖合いまで行ってきました。
20151122_1

左上のイカのように見える魚はヘラヤガラ。
右上はリーフ内の小魚が集まった様子を。
リーフを出ると、見られる魚も少し変わります。
左下はニジハギ、右下は人間にも突進してくる
こともある、ゴマモンガラです。この魚は、
泳ぎ方からして獰猛そうな感じを受けるのです。
※この場所、つい先日人がサメにかまれる事故があり、
ちょっとびっくり…。

次に、恩納村の御菓子御殿わきのナカユクイの海を。
20151122_2
浜から近い場所がにごっていましたが、200メートル
ほど沖合いまで泳ぐと、沖縄本島とは思えないような
珊瑚礁の海がひろがっていました。

左上はクマノミ、右上はキリンミノカサゴだと思う
のですが、おそらく初めてみかけました。
20151122_3
下から、瀬底島の瀬底ビーチの熱帯魚です。
左がオウムブダイ(イラブチャー)とオジサン、
右がトゲチョウチョウウオです。

こちらは、グルクンの幼魚でしょうか。
ものすごい数の魚の群れが、水深の浅い
瀬底ビーチに迷い込んでいました。
20151122_4
明日の記事で、海の中の様子を動画で紹介します。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中