さまざまな沖縄そば

今夏の沖縄本島のお話し、今日から食べ物編です。
まず今日は、今年訪れた沖縄そばの店を3軒紹介します。

まずは、本部町の本部そばさんから。
20151124_1
スペシャル本部そばとジューシーを注文。こちらの
おそばはいわゆるオーソドックスな沖縄そばで、
弾力がありながらちぎれる、ゆで麺の独特の
食感を楽しめました。

次に、読谷村の金月そばさんです。
20151124_2
金月そばとくずれ三枚肉のまぜまぜご飯を注文。
そばにかまぼこではなく、味をしみこませた島豆腐が
のっているのが特徴的です。そばも生麺を使っていて、
沖縄そばっぽさは少ないけど、生麺のしこしことした
食感を楽しめました。だし汁もかつおの風味がよく
出ていておいしかったです。

つづいて、那覇のてんtoてんさんです。
20151124_3
木灰すばを注文。かんすいを使った麺を使う
沖縄そば屋さんが大多数を占める中で、こちらの
お店は昔ながらの木灰をつかった沖縄そばです。
丁寧な作業がいかがえる繊細で上品な味わいが
特徴です。ただ、量が少ないのが唯一の難点かな…、

てんtoてんさんでは、古代米のおにぎりと
デザートのあまがしとセットで注文しました。
20151124_4
下はおまけで、恩納村のながはま製菓さんにて。
ちんすこう製造工程を窓ごしに見学しました。
型抜きでたくさんのちんすこうが成型されていく
様子は見ていて飽きません。そして、まだ
あたたかい状態のできたてのちんすこうも
いただきました。これが、とてもおいしかった!
ぜひとも一度は、作り立てのちんすこうを
食べてみることをおすすめします。

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中