世界らん展日本大賞2016

今日は、先週末から今週にかけて、東京ドームで
開催されている、世界らん展日本大賞2016の
紹介です。去年までに比べて会期が2日短縮
されたのですが、会場の規模もやや縮小された
印象を受けました。
20160217_1
右が今年の大賞花、パフィオペディラム エメラルド
フューチャー ‘ギャラクシー’ です。左下は、例年
派手な仮屋崎省吾さんの蘭の世界の展示。

左上は、奨励賞のデンドロビューム パルペブレ ‘クワヤマ’。
20160217_2
その他はディスプレイ部門の展示ですが、今年も
胡蝶蘭やカトレアを使った豪華な展示になっていました。

今年の企画物は、世界最大の蘭と極小の蘭。
左が世界最大の蘭、グラマトフィラム属スペシオサム。
7メートル以上の大きさになります。
20160217_3
右上が極小の蘭で、花は2ミリ程度。蘭のもつ多様性を
まざまざと感じさせてくれます。右下は、もう一つの
企画展示、「グラバーさん」と呼ばれる蘭です。

最後は、オーキッド・ロードから。
20160217_4
悪天候だったせいもあってか、例年より会場は
混んでない印象でした。らん展は今週金曜まで
開催されています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中