海棠の鎌倉(後編)~妙本寺など

昨日に引き続き、4月第2週末の鎌倉の
お話しです。今日はまず、妙本寺の
ハナカイドウ(海棠)から紹介します。
20160425_1
本堂の両脇に3本の海棠の木があります。
最盛期はやや少し過ぎた感じでしたが、
まだきれいに花をつけていました。そして
この頃から新緑のシーズンも始まります。

上は、本堂を正面に海棠の木を。
20160425_2
左下は山門をバックに海棠の花を。
右下は、八重山吹ですが、
桜の花びらが舞っていました。

ここからは、妙本寺以外のお寺で咲いていた
花の紹介です。左上は本覚寺で見かけた
八重桜の関山、右上は収玄寺で見かけた
サクラソウの鉢植えです。
20160425_3
左下は光則寺の海棠ですが、こちらは
完全に見頃を過ぎていました。同じ鎌倉の
お寺にあっても、海棠の花はそろって
同じタイミングで見頃になるわけではない
ようです。右下は長谷寺の仏足石ですが、
椿と桜の花びらが敷き詰められていました。

最後も、長谷寺から、つつじやシャクナゲを。
20160425_4
花寺らしく、様々な花を楽しむことができました。
次に鎌倉を訪れるのは、バラかあじさいの
シーズンになるかな…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中