新宿御苑の里桜(前編2)

昨日に引き続き、4月第2週末の新宿御苑で
咲いていた里桜などの紹介です。

昨日紹介した一葉とほぼ同じタイミングで
見頃になるのが緑の桜、鬱金です。
20160429_1
咲き始めは黄緑色をしていて、花が葉っぱに
見えてしまうので、なかなか目立たない桜です。
時間がたつにつれて花の色が変わってくる
のですが、それはまた後編で。

そのほかに咲いていた里桜です。
左上は琴平、右上が市原虎の尾、
左下が八重紅枝垂です。
20160429_2
右下は桜ではないのですが、鎌倉や皇居の
記事でも紹介した、ハナカイドウです。

ハナカイドウは最盛期で、とてもきれいに
咲いていました。
20160429_3
ハナカイドウの奥に見えているのが八重紅枝垂。
以前はもっと豪華に花をつけていてきれいだった
のですが、おととしの大雪でダメージを受けたのか
ここ数年花の付きがよくありません。

最後もハナカイドウをボケとともに。
20160429_4
ボケは花のシーズンが比較的長く、
ソメイヨシノと前後して見頃になる花です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中