函館・湯の川かいわいの桜とサル

今春の北海道・函館のお話し。今日は、
湯の川かいわいの紹介になります。

まずは、湯の川温泉の守り神でもある、
湯倉神社の桜から。
20160731_1
エゾヤマザクラが満開でした。花付きの
とてもよい木で、見ごたえがありました。

拝殿から見て、参道左側にこの桜の木はあります。
この他にも境内に何本か、エゾヤマザクラが
みられました。
20160731_2
そしてサル(笑)。函館市熱帯植物園では、
冬の間からGW期間まで、温泉に入るサルが
見られます。

なんとも気持ちよさそうなサルの表情…(笑)
20160731_3
温泉に入って疲れがとれるのは、どうやら
人間だけではないようです。いや、ここのサルは
ずっと温泉に入ってるので、寒さしのぎのため
だけかもしれませんが…。

最後は、熱帯植物園のブーゲンビリアを。
20160731_4
「植物園」なので、本来こちらの温室がメイン
なのですが、すっかりニホンザルが主役の座を
奪ってしまっていました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中