松前公園の桜(3)~染井吉野

今春に訪れた北海道から松前町のお話しが
続きます。今日は、松前公園では南殿に次いで
多くみられた、染井吉野(ソメイヨシノ)を中心に。

まずは、松前城の登り口、天神坂にある夫婦桜から。
20160809_1
染井吉野に南殿を接ぎ木したのですが、台木の
染井吉野も一緒に成長してしまった桜の木です。
左側が南殿、右側が染井吉野で、一本の根から
2つの違った品種の桜が育っています。

松前城周辺は南殿などの里桜が多いのですが、
染井吉野がまとまって咲いている場所もあります。
20160809_2
ここは少し松前公園から離れた場所になるのですが、
一般道が染井吉野の桜並木となっていました。

青空の下の染井吉野です。
20160809_3
寒冷地の北海道では、染井吉野の木はあっても、
樹勢に勢いがないことも多いのですが、函館や
松前など、道南の染井吉野はとても元気でした。

左側は公園内の寺町の染井吉野の桜並木です。
20160809_4
北国では、桜と海は同時期に咲くか、または桜の
方が早く咲くのですが、松前では桜(染井吉野)も
梅も、一緒に見頃をむかえていました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中