北海道新幹線と北斗・法亀寺のしだれ桜

今春に北海道を訪れたお話し、
今日と明日は北斗市の紹介です。

3/26に北海道新幹線開業ということで、記念に(?)
昨日紹介した木古内から北斗市にある終着の
新函館北斗まで一駅区間のってみました。
20160814_1
新函館北斗駅に並ぶ新幹線です。
奥の帯がピンクの車両がJR東日本仕様、
手前の帯が紫の車両がJR北海道仕様です。

JR北海道仕様の車両にのりましたが、側面には
北海道をデザインしたマークも。しかし、ひらがなで
「しんはこだてほくと」と書くと非常に駅名が長い…。
20160814_2
左下が新函館北斗駅の外観。以前は何もない
だだっぴろい景色がひろがっているだけだった
場所に立派な箱ものができあがっていました。
新幹線の駅らしく、発着するバスも新幹線と
同じ色合いに…(笑)

新函館北斗駅から車で10分ぐらいの場所に、
しだれ桜の名所・法亀寺があります。
20160814_3
見事なしだれ桜です。毎年訪れる東京・駒込の
六義園のしだれ桜とも遜色ないぐらいの大きさでした。

見る角度によって、しだれ桜は樹形がかなり変わって
みえます。そして、ものすごい花の数ですね…。
夜はライトアップされるそうなので、次回は夜に
訪れてみたいなと思いました。
20160814_4
左下は北斗市のマンホール。トラピスト修道院と
新幹線が描かれていました。北海道新幹線が
デザインされる前にできたマンホールなのでしょうね。
かなり新幹線の形状が違ってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中