七飯・大沼公園と駒ヶ岳いろいろ

今春に訪れた北海道のお話し、道南の渡島地方の
紹介は、あと3日分を残すのみとなりました。

今日はまず、七飯町にある大沼から紹介します。
20160816_1
手前の大沼の奥に見えているのは、北海道駒ヶ岳。
少しいびつな形をしていますが、これはかつて
山体崩壊を起こしたためで、このときに川が
せきとめられてできたのが大沼です。大沼周辺は、
大沼国定公園になっています。

大沼と隣りの小沼の間をJR函館線が通っています。
20160816_2
右は、函館線の特急・スーパー北斗。大沼周辺も
エゾヤマザクラが見頃をむかえていました。

駒ヶ岳は、見る角度によってイメージが大きく変わります。
こちらは、北側の森町から眺めた駒ヶ岳です。
20160816_3
頂上部分が蟹の爪のような形をしています。
手前には桜がひろがっていますが、ここは桜の名所・
オニウシ公園で、明日・明後日の記事でまた紹介します。

左上は森町のマンホール。桜と駒ヶ岳が描かれています。
森というと、全国的にも駅弁のいかめしが有名ですね。
20160816_4
森からは、駒ヶ岳だけでなく、噴火湾ごしに
蝦夷富士こと羊蹄山をのぞむこともできました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中