長瀞・宝登山の梅百花園(前編)

先月の記事で、長瀞・宝登山のロウバイを
紹介しましたが、一ヶ月たって、今度は
ロウバイ園のすぐ下にある梅百花園が
見頃になったので、先週末に行ってきました。

秩父連山をバックに梅が咲き乱れます。

梅の合間から、中央に見えているのが
シンボルの武甲山です。

あと一ヶ月たてば、武甲山の麓では
シバザクラが咲きます。

梅最盛期のタイミングでは長瀞は
初めて訪れたのですが、なかなか
見事でした。

最後も、梅百花園の様子を。

山の斜面に梅が咲く様子はかつての
青梅の吉野梅郷を思い起こさせます。
ウイルスの影響ですべての梅の木を
伐採した吉野梅郷も、3年たって
梅の苗木の植樹が始まり、今年から
梅まつりも再開されることになった
ようです。

明日も宝登山の梅百花園の紹介を
続けます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中