春色の大船植物園

今日は先週末の神奈川県立フラワーセンター
大船植物園のお話しです。春本番をむかえる
様々な花が咲いていました。

ハクモクレンの大木です。
見事に満開をむかえていました。

紫のモクレンも多くの花をつけていました。

右上はシャクナゲ、左下はトサミズキ、
右下はユキヤナギ。どれも春盛りの訪れを
知らせてくれる花々です。

左上はこちらも最盛期の椿です。

ここからは桜のお話し。
右上は大寒桜の実生、片親である
寒緋桜にかなり近い感じです。
左下は啓翁桜、右下は昨日までの
記事でも登場した春めき桜です。

ややピンク色の濃い春めき桜の
変異株も見られます。

やはり一番の花が多くみられるシーズンは
3月下旬から4月中旬にかけてです。
楽しみな時期がやってきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中