新宿御苑の遅めの里桜(前編)

今日と明日は、4月第4週末に訪れた
新宿御苑の里桜のお話しです。

見頃で一番多く咲いていたのが、
こちらの里桜、関山です。
くす玉のように花が咲きます。

こちらは松月。

一見して一葉を見間違ってしまうような、
白っぽい里桜ですが、咲く時期が
一葉に比べると一週間近く遅れます。

左上は、その松月をアップで。
ピンクのふちどりがかわいい桜です。
右上は関山に次いで多く咲いていた
普賢象。

左下は妹背、右下は福禄寿です。

こちらが、その福禄寿の大木です。

15メートル四方ぐらいの大きさが
あるのですが、新宿御苑では一番
大きな里桜のようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中