大山寺と大神山神社

GWの鳥取県、今日から県西部に入ります。
まずは大山周辺のお話しからです。

中国地方最高峰の大山、18年ぶりに
訪れました。今日は山腹にある大山町の
寺社の紹介です。

大山寺の山門です。山岳信仰の霊場として
奈良時代に作られたお寺です。

左上が大山寺の本堂です。ここから
700メートルの石畳の道を進むと、
大神山神社の奥社があります。

右上が大神山神社奥社に続く階段、
右下が神門ですが、表裏が逆になっている
珍しい門です。参道にはミヤマカタバミ
(左下)も咲いていました。

大神山神社の奥宮です。

日本最大級の権現造りの建物です。
後ろに見えているのが大山の頂、
こちらはまた明日以降の記事で。

最後も参道に咲いていた花から。

山桜がきれいに咲いていました。
標高の高い場所にある大山寺は、
GWと桜の見頃が重なるようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中