鬼太郎あふれる境港

GWの鳥取の最後は境港、
今日と明日は境港の紹介です。
惜しくも一昨年亡くなられて
しまいましたが、境港は
水木しげるさんの出身地です。

というわけで、境港市の
マンホールには、水木さんの
代表作、「ゲゲゲの鬼太郎」の
キャラクターが登場します。

一反木綿にのった鬼太郎と目玉
おやじの大きなマンホールに、
小さなカラーのマンホールが
7種類も。

それぞれ、鬼太郎と目玉おやじ、
ねずみ男、猫娘、子鳴き爺、
砂かけ婆、一反木綿、ぬりかべが
描かれています。

前回訪れた直後にこのマンホールが
設置されて残念な思いをしたので、
今回はちゃんと拝むことができました。

境港と米子を結ぶJR境線も鬼太郎
仕様です。ねずみ男、猫娘です。
この他に、目玉おやじと鬼太郎の
車両もあります。

左下はゲゲゲの妖怪楽園でいただいた
妖怪ラテで、こちらも鬼太郎仕様。
右下は水木しげる記念館から。夫妻と
鬼太郎キャラクターが総登場です。

まちなかでは動くリアル?鬼太郎も登場。
記念館を出たら、何気なく砂かけ婆も
ベンチに座っていて驚きました。

右はまちなかのブロンズ像から。
鬼太郎と水木しげるさんです。
明日もこのブロンズ像の紹介を
続けます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中