庄原・備北丘陵公園の春の花々(前編)

GWのお話し、今日から広島県です。
まずは、松江と広島のちょうど中間
ぐらいの中国山地に位置する庄原市の
紹介からです。

国営備北丘陵公園を訪れました。

花の広場で一番きれいに咲いていた
のが、忘れな草です。この広さの花畑で
忘れな草が咲いているのを見たのは
初めてです。

忘れな草というと、白い花のイメージが
あったのですが、青やピンクの花も
咲いていました。

左上も忘れな草の花畑です。

忘れな草の隣りは、チューリップの
花畑です。花の状況としては終盤戦
でしたが、一部まだきれいに咲いている
場所もありました。

左上はシャーレーポピーです。
園内では庄原・高野産のりんごジュース
がおいしかったです。その隣りは、
うどんをすする謎のカープおじさん。
ここが広島県であることを実感。

右は備北丘陵公園内で見られた
マンホール。公園独自のもの
というのは珍しいかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中