広島城と縮景園

GWの広島、今日も
広島市内のお話しです。

まずは、広島城から。

安土桃山時代に毛利輝元が築いた
城です。原爆で破壊されてしまい
ましたが、戦後に再建されました。

広島城は、別名「鯉城」ともいわれ、
広島東洋カープ(Carp=鯉)の
名前のルーツにもなっています。

右下は手前から、太鼓櫓、多聞櫓、
平櫓です。

つづいて、縮景園です。

江戸時代に広島藩浅野氏の別邸
として築かれた大名庭園です。

中国の西湖の風景を基にした
庭園で、随所に中国の雰囲気が
感じられます。

新緑の季節ということで、緑が
きれいでした。あやめやつつじなど、
春の花も咲いていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中