広島のご当地中華麺グルメ

GWの広島、広島市内でいただいた
ものの紹介が続きます。昨日紹介した
お好み焼きにも中華麺が入っていますが、
今日も中華麺のご当地グルメのお話しです。

まずは、汁なし担々麺から。
くにまつでいただきました。

本場四川では担々麺の食べ方として
一般的な汁なしスタイルが、広島で
流行ってます。山椒が大量に麺に
かかってます。

左上は、麻沙羅でいただいた、あぶり
チーズの汁なし担々麺、パクチー
トッピング。辛さとしびれ(山椒)の量が
それぞれ選べたので、どちらもMAXにしたら、
舌の感覚が麻痺してしまいました(苦笑)

右上は中華麺ではないですが、昨日
お好み焼きを紹介したふみちゃんで
いただいた、がんすの鉄板焼き。
がんすは魚の練り物を揚げたもので、
呉のご当地グルメです。左下は、
瀬戸内の柑橘、はっさくとレモンの
サイダー。右下から麺グルメに戻って、
2番目は広島つけ麺です。

前のがつけ麺本舗 辛部の広島つけ麺、
そしてこちらが冷めん家の広島つけ麺です。

ラー油の浮いた激辛の冷たいたれで
いただくのが特徴です。中華麺の上には
チャーシューとゆがいたキャベツ、
きゅうり、ねぎなどの野菜がのります。

最後は、広島ラーメンです。

陽気でいただきました。豚骨ベースの
醤油ラーメンで、見た目よりあっさり
しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中