見頃の長瀞・七草寺(後編)

9月2週末のお話し、長瀞・
七草寺の紹介の続きです。

まずは、真性寺の女郎花から。

小さいながら鮮やかな黄色い
花が満開の状態でした。

左上も真性寺の女郎花と
白い花は男郎花。右上は、
多宝寺の桔梗です。こちらは
全般的には、やや見頃過ぎでした。

左下は、法善寺の藤袴です。
他の花より咲くのが遅く咲いてない
ことが多かったのですが、今年は
花が開いていました。右下は同じく
法善寺からマルバフジバカマです。

左上は不動寺の撫子です。これで
七草寺はすべてまわりました。

ここからは、それ以外に
咲いていた花の紹介です。
右上は、不動寺で咲いていた鍾馗水仙。
下は花の名前が分かりませんでしたが、
オス・メスのツマグロヒョウモンが
見られました。

左上はサルスベリ。右上は百日草(ジニア)。

左下は芙蓉、右下は秋明菊です。
夏の花と秋の花が入りまじって
咲いていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中