藤子不二雄Aのふるさと・氷見

一昨年末の北陸のお話し。富山、
高岡に続いて訪れた氷見の紹介です。

高岡は藤子・F・不二雄のふるさとで、
氷見は藤子不二雄Aのふるさとです。
両者を結ぶJR氷見線は、藤子不二雄
先生の作品でラッピングされてます。

氷見を歩いていると、藤子不二雄A
先生の作品がまちじゅうにあふれてます。

魚のまちらしく、氷見サカナ紳士録です。
ブリンス、カニ丸、トビー、イカゾウ、
エイチョウ、シマシマ博士、アンボス、
タコ八と8種類あります。

左上は氷見市のマスコットキャラクターの
ひみぼうずくん。

その他は藤子不二雄A先生の代表作、
忍者ハットリくんから。ハットリカンゾウ・
シンゾウ兄弟にケムマキです。

獅子丸と影千代もいました。

下は氷見市のマンホール。
氷見といえばブリです。シンボル
キャラクターのキットくんもブリを
かついでます。次はブリのお話しです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中