金沢まちなか散策

一昨年末の金沢、前回までに紹介
できなかったスポットのお話しです。

まずは、尾山神社から。

ギヤマン張りの山門がとても珍しい
神社です。藩祖の前田利家を祀るため、
明治初期に建立されました。

つづいて、長町です。

かつては武家屋敷が立ち並んでいた
場所です。冬の長町は、土塀を凍結や
雪から守るため、薦掛け(こもがけ)が
行われています。

左上も長町の様子。大野庄用水が
流れています。

その他は金沢21世紀美術館の展示から。
左下は放射能を20回浴びると立ち上がる
幼児をモデルにした作品です。

最後は、金沢駅です。

大きな鼓門がシンボルになってます。
北陸新幹線が開業して駅の中は
様変わりし、飲食店や土産物屋が
充実していました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中