金沢おでんと海鮮グルメ

一昨年末の北陸から、金沢で
食べたものの紹介が続きます。

まずは、菊一でいただいたものから。
左上は、どて焼です。

そして金沢おでんです。昨日の記事で
香箱がにを使った「かに面」を紹介
しましたが、その他にも珍しい具材が
入ります。すじ肉、ふかし、赤巻、
たにし、くるま麩、大根、しいたけ、
じゃがいも、ぎんなん、竹の子です。
ふかしは、かまぼこを蒸したものです。

さらに、ばい貝、ひろず、やき豆腐と
いただきました。

そして、〆はおでんによく合う茶飯です。

つづいて、香林坊いたるの海鮮グルメです。
こちらも昨日の記事で香箱がにを紹介した
ので、それ以外でいただいたものです。

日本海おさしみの桶盛りには、ぶり、
かじきまぐろ、生たこ、甘えび、
たらの昆布〆が入ってました。
その他、のど黒の塩焼き、さばの
糠漬け(へしこ)、げんげ干しです。

左上は小ばい貝の煮付けです。
海鮮ではないですが、加賀野菜の
五郎島金時芋の丸揚げ天ぷらと
金時草のお浸しもいただきました。

左下はおまけで能登の地ビール、
日本海倶楽部のダークラガーです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中