久しぶりの神戸~異人館・南京町

年末の関西のお話しから、
神戸の紹介です。神戸の中心部を
訪れたのは5年ぶりになりました。

まずは、北野異人館から。
風見鶏の館です。

異人館唯一のレンガ造りの建物で、
シンボル的存在になってます。

つづいて同じく北野異人館から、
うろこの家です。

外壁のスレート石がうろこのように
見えることから、「うろこの家」の
名前がついています。

左上は、北野異人館から萌黄の館です。
右上は、神戸の奥座敷、有馬温泉の
金の湯です。褐色のにごり湯が特徴です。

下は南京町の様子。三宮一貫樓で
豚まんをいただきました。

そして、ぎょうざ大学の餃子です。

神戸の餃子は味噌だれです。
白味噌に酢醤油をすこし混ぜて
作ったタレでいただきました。

さて、たまたまですが、神戸の紹介が
阪神・淡路大震災の日となりました。
あれから23年もたちました。
あの日のTVニュースから流れてきた
衝撃的な映像は今でも忘れられません。
しかし、いまや震災の面影はほとんど
見られないほど、神戸は新しい街に
生まれ変わったような気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中