万葉の飛鳥路(2)~石舞台古墳など

年末の関西から、奈良県
明日香村の紹介の2日目です。
今日は古墳の紹介を中心に。

まずは、石舞台古墳から。

方墳の中央に、30数個の岩を
使った横穴式石室が露出しています。

石室の中も見学できます。

きれいに岩が並べられている
のが分かります。7世紀初め頃に
当時の権力者の墓として造営された
ようですが、誰の墓だったのかは
まだ解明されていません。

左上は八角墳の天武・持統天皇陵。
右上は高松塚古墳、右下はキトラ
古墳で、どちらも石室内で見つかった
壁画で有名です。その壁画を説明した
展示館が両古墳の近くにあります。

左下は明日香村のマンホール。
村の花タチバナと村の木ツキが
デザインされています。

最後は村内の2つのお寺を。
上は西国7番札所の岡寺、
三重塔がシンボルです。

下は橘寺。善悪2つの顔が刻まれた
二面石が境内にあります。明日は
明日香村の奇岩の紹介が続きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中