富士宮やきそばを食べる

年始の静岡から、今日と明日は
富士宮のお話しです。

富士宮のご当地グルメといえば、
富士宮やきそばです。

富士宮やきそば学会アンテナ
ショップのやきそばです。油で
コーティングした蒸し麺を使い、
肉かすが入り、けずり粉がかかる
のが特徴です。麺のこしの強さが
病みつきになります。

こちらは、虹屋ミミの
いかにくやきそば。

富士宮やきそば鉄人グランプリで
優勝したやきそばだそうです。
具が多く入っていて、けずり粉も
大量にふられていました。

つづいて、うるおいていの
うるおい焼そば。

国産の地粉を使った「究麺」で
作ったやきそばです。

うるおいていでは、直接お店の方が
鉄板でやきそばを焼いてくれます。
メニューにかき氷があったので、
いちごをいただきました。

左下はアンテナショップのある
お宮横丁の、やきそば学会ののぼり。
右下はお宮横丁でみかけた、
やきそばっくすコーヒー。アレの
パロディですが、うまくやきそばと
富士山を取り込んでます(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中