東海の名城 掛川城

年始の静岡から。
今日も掛川のお話しです。

掛川のシンボル、掛川城です。

遠江進出を狙った駿河の今川氏が
築かせた城で、戦国時代に
山内一豊によって整備されました。

二の丸御殿からの掛川城です。
東海の名城と謳われた優美な
たたずまいをしています。

幕末期の地震で倒壊した掛川城は、
日本で初めて木造で復元された
お城でもあります。

掛川城は、掛川市のマンホールにも
描かれています。右上の甲冑は、
杉良太郎さんによって寄贈された
ものです。

掛川は将棋イベントが盛んで、
訪れた数日後にも王将戦が
開催されました。

最後はおまけで、掛川花鳥園から
昨日紹介できなかった鳥と花を。

シロトキ・ショウショウトキに
フンボルトペンギン、花は温室の
スイレンとシクラメンです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中