浜松餃子を食べる

年始の静岡から、浜松のお話しが
続きます。今日はご当地グルメの
浜松餃子の紹介です。

JR浜松駅にある石松の餃子です。
フライパンに並べて焼かれた
車盛りは、見事に写真映えする
美しさ(笑)

むつぎくの餃子も、円形に並んだ
形で登場です。中央にのっている
箸休めのもやしが浜松餃子の
一つの特徴です。

餡は野菜多めで、キャベツと豚肉が
使われており、餃子自体に甘みが
あります。宇都宮餃子も野菜多めは
共通なのですが、使う野菜が白菜
なので、ここに浜松と宇都宮の餃子の
味の違いがあります。

つづいて、喜慕里の餃子です。

こちらは円形ではないですが、
味は浜松の餃子そのもの。
やや皮が薄めだったかな。

最後は、福みつの餃子です。

こちらはにんにくがやや多めで、
他3軒とは対照的な感じでした。
しかし野菜が多めなのは同じで、
さっぱりしているので、ある程度の
数が食べられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中