倉吉・赤瓦と白壁のまちなみ

GWの鳥取のお話し、今日と明日は
県中部の倉吉市の紹介です。昨秋に
発生した鳥取県中部地震の影響が
まだ残っていて、ブルーシートで
覆われた家屋が散在していました。

市内中心部の玉川沿いに、
白壁土蔵群の古いまちなみが残ってます。

石州瓦(赤瓦)の家々が連なってます。
ここだけではないのですが、山陰に来ると、
この赤瓦の屋根をけっこう見かけます。

赤瓦と白壁のまちなみです。

右に見えているのが白壁の土蔵です。
一部は観光スポットとして、お土産物
屋さんなどが入ってます。

さらに、倉吉の古いまちなみの様子を
いろいろと。

右下は倉吉出身の横綱琴桜の銅像です。
記念館もありました。

最後は梨を。倉吉を中心とした鳥取県
中部は梨の生産が盛んな地域です。

鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館にて。
梨ソフトクリームをいただきました。
そして、春の時期なのに梨の食べ比べも
できました。梨好きにはたまりません(笑)
右下はゆるキャラのナッシーです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中