荒々しい大山北壁

GWの鳥取、昨日に引き続き
大山(だいせん)の紹介です。

大山の北側に位置する大山町からは、
大山の荒々しい姿を堪能できます。

豪円山のろし台から眺めた大山です。

大山の頂をアップで、

何度もの噴火を繰り返して現在の姿と
なった大山、噴火の際の火砕流の跡が
いまなお見て取れます。

豪円山山頂からは日本海も望めます。
眼下には米子から境港、そして
美保関半島が見えています。

左下は豪円山ロッジでいただいた
ジンギスカン。右下は少し西よりの
森の国から眺めた大山です。見る
角度によって大山は姿を変えます。

最後は、昨日紹介した大神山神社の
奥宮に向かう参道の途中にある、
賽の河原からの大山です。

明日は、西側から眺めた大山の紹介です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中