海底遺跡とサンゴ礁

昨日に引き続き、与那国島の海の紹介です。
昨日は島の北側のビーチを紹介しましたが、今日は島の南側です。
海の中に特徴的な地形があります。
20130917_1
階段上、直線的な形状がいかにも人工物に見えるこちらの場所は
「海底遺跡」と呼ばれています。しかしその正体な全く謎で、本当に
人工的に作られたもの(が海底に沈んだの)か?自然が創りだした
地形なのか、議論を呼んでいます。まあそんな人間界の様子は
全く知らずとも、ウミガメが悠々と泳いでましたけどね…。

さて、この海底遺跡の近くに、珊瑚がきれいなポイントがありました。
20130917_2
見事なサンゴ礁です!与那国島は断崖絶壁の島という印象が
強くて、あまりサンゴ礁のイメージがなかったので、これだけ
きれいな珊瑚が見られたのは、とても驚きました。

サンゴ礁で見られたお魚を。
20130917_3
左上はナンヨウブダイ、お刺身やマース煮にして食べます。
その他は、ハマクマノミ。ここだけではなく、ナーマ浜でも、
ダンヌ浜でも一本線のハマクマノミがたくさん見られました。

最後は、ハマクマノミを動画で。


アオサンゴ(?)に囲まれたところで、イソギンチャクと共生して
いました。クマノミを見つけると、ついつい長い間眺めてしまいます。
海のアイドルということで、飽きないんですよね…。

広告

5件のコメント

  1. ここ潜ってみたい。面白い!
    こーんなものがあるなんて。
    古代都市があって、地殻変動があっとか?
    アトランティスみたいな物語があるのかな~
    ロマンですねー 

    いいね

    • 実際見てみていろいろ思いをはせるのがよいかも。でも年中南風が噴きつける与那国島にあって、島の南側にある海底遺跡までは、なかなか船が出せないようです。たまたま北風が吹いてたこの日は、1ヶ月ぶりに海底遺跡に行けたとツアーの人が言っていたので、見られたらラッキーです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中